2009年07月21日

【祝】英検準1級 合格!!!

今日、英検の合否結果閲覧が開始されました。

恐る恐る英検IDとパスワードを入力・・・

結果は、

合格!!

ホットしました。

今回は、2次試験28点取得できました。
ナレーション 12/15
Q&A 13/20
アティテュード 3/3

合計28/38 合格点 22

次回、私が前回の不合格から実施してきたことを具体的にお教えします。

参考になったら幸いです。


もしもドロップシッピング

ジェラート販売館

★激安通販!ネットdeショッピング★ 
http://netdeshop.gozaru.jp/
携帯からも
http://netdeshop.gozaru.jp/i

☆パワーストーン 開運の店☆
http://luckyshop.mikosi.com

♪♪ウェッジウッド専門店 CoCo♪♪
http://lovelovewedgwood.o-oku.jp
posted by 英検子 at 22:04| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。「英検準1級面接」で検索したら、英検子さんのブログがヒットし、読ませて頂きました。特にナレーションの高得点には惚れ惚れします。
いま私は今度の面接の勉強中で、ひとつ質問ですが、ナレーションはほぼ2分使われましたか?今の勉強段階では私は1分半で終わってしまって、残り30秒余ってしまうのですが、実際の面接では、余ったら、2分になるまで面接官と無言のままなのでしょうか?無言状態だと辛いものがありますね。
Posted by 奈々 at 2011年11月04日 04:45
こんにちは。英検子ブログの管理者です。
コメントありがとうございます。
ぜひお役に立てれば幸いです。

ナレーションは2分という設定ですが、私は不合格だった1回目は1分半よりも短く1分ちょっとで終わってしまいました。面接官は、「うん?もう終わり?」というような表情でした。その後は、無言の間はなく、すぐに質問に移りました。私の勝手な解釈ですがナレーションが短かったから不合格になったというよりはそのときは、ナレーションもうまくできませんでしたし、その面接官の表情のおかげで((笑))緊張のあまり質問にうまく答えられませんでし、これが敗因と考えています。

正直な話ですが、面接官の態度も非常にメンタル面に影響してきます。
1回目の面接官は、非常に淡泊な年配の男性でした。英字新聞を読んでおり、外国帰りで気取ってやがるなぁなんて思っていました(笑)。
ナレーションしている間も無表情、何の
笑顔もなく、その面接官の態度を見ていると
こちらがなぜか焦ってしまう、そうゆう態度の面接官でした。

2回目の面接では、できるだけ、緊張せずに気持ちゆっくりと話そうと心がけ2分は言えませんでしたが1分45秒くらいで終えました。そのあとは、すぐに無言という時間もなく質問に移行し、うまく答えることができました。
私の勝手な解釈ですが、時間の短さは1分半であればそれほど気にされなくてもよいのではないかと感じています。それよりも、ナレーションのストーリ性や質問などに自分の意見をしっかりと言え準1級のレベルだぞと積極的な姿勢でアピールすることが最も重要と思います。
面接官は、非常にフレンドリーな笑顔の絶えない年配の女性でした。ナレーションのときも、うなずいてくれますし、あ、通じているなぁという実感をもって実施できたので、ある意味安堵感がありました。

なのでどのような面接官のかたでも
落ち着いてご自身の英語に自信を持たれて
望まれたら大丈夫と思います。
私の失敗談がぜひ参考になればと思います。


もし質問や疑問点がありましたら何なりとコメントをお願いします。
Posted by at 2011年11月05日 02:04
英検子さん、丁寧なお返事をありがとうございました。
確かに面接官の表情などに非常に影響されますよね。
アドバイスの通り、面接官は気にしないように、練習の段階から自分をもって英語を話すように癖つけたいと思います。
ありがとうございました!
また何かありましたら、よろしくお願いします。
残り、1週間です〜。
Posted by 奈々 at 2011年11月05日 21:29
英検子さん、再びの投稿です。半分質問、半分愚痴(?)のような内容です。

ナレーションをやっていて、回答例の時制と自分が発した時制との違いに戸惑う日々です。wouldに過去の習慣を意味する用法があったことを今回の勉強で初めて知ったり、主語 + had had + 動詞だとか、これまで英作文でも会話でもあまり使ったことがない時制などで、回答例のような時制ですんなりと話せません。

ナレーションは過去のことを語るわけで、その点は、子供の頃よく観ていたTV『日本昔話』の「昔昔、〜に〜がおった」のように過去形や過去完了等で語る要領だな〜なんて一瞬納得はするのですが、いざ英語でとなると、4コマの流れを考えることに夢中になってしまって。。。

こんなことで足踏みするのは私だけでしょうか?
Posted by 奈々 at 2011年11月10日 09:40
こんばんは。
英検子です。こちらも私の体験談からお話ししますので、ご参考になったら幸いです。

私は英検準1級を受けるときの自分自身の英語のレベルですが、過去のことをしゃべるときには過去形を、〜したことがあるという経験やいまでもずっと続いているというようなニュアンスの文章には現在完了形を使う、この2つだけに注意してナレーションを実施してきました。

would be, could beとか使いこなせるともちろん、かっこいいですが、今回の英検準1級では、それほど気にされることはないと思います。

アドバイスをするとすれば、過去形、現在完了形を気を付けることで十分かと思います。あとは、文章をしっかりとつくり、面接官にしっかりと伝わればよい、これにフォーカスしてみてください。私はある人から、中学3年までの英語を使えば十分受かると言われました。

今後奈々さんが、英語等でご活躍される際には、もちろん、wouldや過去完了形を使いこなせるようになるのは必須かもしれません。
基本となる時制を使って相手にしっかりと伝える英語を自信を持ってやる、これで十分です。

私の余談ですが、私は今外資系の企業にいます。仕事でも頻繁に英語を使います。過去形や現在完了形はつかえているなぁと思っていますが、wouldや過去完了など日本語ではピンとこないものはやはり使いこなせていないと考えています。

あまり英検準1級の2次試験の問題集の回答例を気にせず、私の経験談も加味して実施してみてください。
きっとよい結果になると思いますよ。

奈々さんのように努力されているかたは、きっと英語の達人になる日が近いと思います。
本当に!

私は、もっともっとうまくなりたいと思って毎日rarejobというフィリピンの英語教師のかたと30分レッスンしています。こちらも低価格ですのでぜひご参考にされてください!
Posted by at 2011年11月10日 22:26
英検子さん、再びご丁寧にアドバイスや経験談をありがとうございました!感謝、感謝です。

過去形や現在完了形など「自分の範囲内」で、しっかり話を作り、面接官へしっかり伝えるということを大切にしたいと思います。

残り2−3日、頑張ります。
今回もありがとうございました。
Posted by 奈々 at 2011年11月10日 22:56
ご報告です。無事に2次面接も合格しました。信じられません。

当日はとても緊張して、時制だの自信を持って話そうとか注意点をすべて忘れるくらいでしたが、英検子さんのアドバイスを基に練習していたことが良かったのだろうと思います。

本当にアドバイスや経験談をありがとうございました!
Posted by 奈々 at 2011年11月24日 21:40
奈々さま

英検子です。

合格本当におめでとうございます。
奈々さんの実力の賜物ですね。

私も本当にうれしいです。

やはり何かに一生懸命になること、
それが一番重要な気がします。

奈々さんはもともとお持ちの高い実力に加え、このように私のブログにコメントを下さったりする一生懸命な姿勢が合格につながったと思います。

本当におめでとうございます。

奈々さんなら次の目標を設定し、さらに前に進まれると思います。

心から応援しています!
おめでとうございます!!!

Posted by at 2011年11月24日 23:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。